整形外科 はぶクリニックの特徴

和の雰囲気のある整形外科

院内は痛む体にできるだけ負担がかからないように、また、運動療法を気軽に慣れ親しんで頂きたいという想いから、診察室、リハビリ室、レントゲン室を区切る廊下を設けておりません。

リハビリ室は楽しく元気に取り組んで頂けるようにオレンジ色の暖かい色合いを基本色に、また、待合とリハビリ室の仕切りには障子を使用し、和の落ち着きも取り入れています。

電子カルテ

診療の記録が明確になるだけでなく、会計計算までの時間が短くなるように、設計されています。

レントゲン

青空の雰囲気のレントゲン室

レントゲン装置を使用し、フィルムに現像することなく、モニター画面に表示され、撮影時間が短くすみます。

骨密度測定器

骨粗鬆症の検査に

当院ではDXA方式(X線)の骨密度装置を用いて骨粗鬆症検査を行っております。
腰椎と大腿骨を測定します。数分間の検査で痛みもありません。

リハビリテーション科

リハビリスタッフ

【当院の理念】は、「患者様が痛みなく運動でき、楽しい毎日が送れる事」であり、
リハビリテーション科も理念に沿いながら
患者様の目線に立ち、治療することを心掛けています。

【リハビリテーション科の治療方針 】 として、
運動療法では、痛みの根本を考え患者様一人一人に合った、
無理のない治療プランを医師の指示の下、
提供し、より良い生活をお送りいただけるように努めています。

当院では運動療法と併用して、低周波治療や牽引等の物理療法をご用意させていただき、治療効果の向上に努めています。

リハビリテーションルーム

リハビリスタッフのご紹介

小林 裕輔(理学療法士)

小林 裕輔(理学療法士)

私の治療方針は患者様が自分らしく、充実した生活を過ごしていただく事です。
なので、 生活場面でのお悩みをたくさん教えてください。
そのお悩みに一緒に向き合い、共にリハビリを頑張っていきましょう!

宮本 力登(理学療法士)

宮本 力登(理学療法士)

体操やストレッチ、筋トレなどで分からない事が御座いましたら、お気軽にお声掛けください。無理のない運動方法をご提案させていただきます。

松崎 万愛(柔道整復師)

松崎万愛

リハビリをする事で、心身ともに元気を与えられるようにサポートさせていただきます。

このページトップへ

Copyright(c) 整形外科はぶクリニック. All Rights Reserved.